rohisato’s diary

ゲーム&アニメネタを取り上げます

JR東日本のコワーキングスペース STATION WORK(ステーションワーク) を使ってみた。

詩堂炉久人のサイトはこちら!

今回はツイッター「ヤクバハイル公式」2018年12月27日に呟いた記事のブログでの再録です。

STATION WORK
駅ナカ×シェアオフィス」の呼び込みでJR東日本が来年2月まで実証実験中の新サービス「STATION WORK」。

これはJR東京駅と品川駅、新宿駅構内に置かれた #コワーキングスペース である。なんと利用料金は無料、タダである。
STATION WORK

私は早速パンフを取って 私は2018年12月26日に会員登録して次の日の27日15時より30分の予約を取りました。
こちらをタップするとSTATION WORK公式へ。

個人の登録は「personal」から、1人のユーザー1コマ15分単位での予約となり、1回あたりの利用上限は2コマ30分となる。

企業の登録は「business」から、公式サイトに書かれた電話番号までお問合せください。

個人の登録に話を戻すと、登録時に読まなきゃいけない文章が出てくるけど、要するにこのコワーキングスペース内でのユーザーの動向を知りたいために「無料」になっている。

JRはタダで使わせてくれる代わりにあなたは「個室内でのユーザーの動向」をJRに提供する。ギブアンドテイクだ。

コワーキングスペースの中はこうなっている。
STATION WORK

あとスペースに近づけば外から丸見え、外部に数台、個室内には正面モニターと天井から監視カメラがある。
STATION WORK
STATION WORK

だから個室で何をしてもいいわけでじゃない。

個室の注意書きを確認しましょう。
STATION WORK
終了5分前になったら帰る支度して出ること。

写真には写していないが、各スペースにはJRの係員が立っており、外部からと手持ちのタブレットで個室の中の様子が見えるようになっている。

個室の中で悪さをしようものならつまみ出されるぞ。

んで、漏れはこの個室内でナニをしたかと言うと、小説を書いていました。

ゼロプレイ (ZERO PLAY)  という官能小説ですが、
ZERO PLAY

傍から見れば中古のノーパソでテキスト入力してるようにしか見えない。

個室内ではwi-fiと電源、さらには足元にヒーターがあって暖かいです。
STATION WORK
小説が投稿できました。
ZERO PLAY
やったね。
ZERO PLAY
JRが働き方改革のお供にとはじめた「STATION WORK」のサービス、是非とも使ってみてください。
STATION WORK
会社の行き帰りに使ってみたいサラリーマンは公式サイトの「法人利用」からどうぞ。
STATION WORK
ご精読ありがとうございます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PSVita【乙女ゲーム】ハイリゲンシュタットの歌 絶賛発売中

詩堂炉久人のサイトはこちら!

ハイリゲンシュタットの歌公式はこちら!!


ハイリゲンシュタットの歌
「世界が音を忘れても、人は愛をうたう」

音楽都市シャル。 音楽によって栄えたこの町では音に纏わる不思議な事件が頻繁に起きる。
といっても、ひよこが歌を歌ったり、オルゴールが喋りだしたり、そんな何処か微笑ましいものだった。
ハイリゲンシュタットの歌

ところが最近、シャルの街で深刻な事件が起き始めていた。
「音の喪失事件」
突然、音楽が奏でられなくなったり、 歌を歌えなくなったり、ついには、音自体が聞こえなくなる者まで……。
ハイリゲンシュタットの歌

それはまるで、 人々から音楽そのものを奪おうとする悪意が存在しているかのようだった。

そんな中、とあるコンサート会場で、大規模な音の喪失事件が発生する。
演奏者、観客を問わず、 会場にいた全員の"音"が失われてしまった。
…ただ一人を除いて。
ハイリゲンシュタットの歌

たった一人、なぜか音の喪失の影響を受けなかったのは、シャルの街で暮らすごく普通の少女リート。
なぜ自分だけが無事なのかと困惑する少女。
その少女の前に現れたのは、 街で話題の楽団「シャル王立楽団」で活躍する5人の青年達だった。
事件をきっかけに少女はごく普通の日常から一歩を踏み出す。
ハイリゲンシュタットの歌

その一歩が運命の出会いと、音楽喪失の謎につながる前奏曲であるとも知らずに。
ハイリゲンシュタットの歌


(C)NIPPON CULTURAL BROADCASTING EXTEND INC.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村