読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rohisato’s diary

ゲーム&アニメネタを取り上げます

PS Vita版『境界の白雪』5月26日発売で予約受付中!!

幻想自作をよろしく!!



PS Vita版『境界の白雪』公式サイトはこちら!!

境界の白雪
はじまりは柘榴の木。 大学2年生の夏。
境界の白雪
【世界の鏡展】という展示会に出かけた。 その日は偶然にも、昔、私が落下事故に遭った日だった。
境界の白雪
しかし、それも今となっては、幼い頃の思い出。 展示会で、私は8人の男たちと出会う。
その日の夜。大好きな柘榴の実の甘い香りに誘われるまま、口にした。 急激に襲う睡魔。
抗えずベッドへ沈むと、ぞっとするような甘い声が聞こえた。
「――おかえり。 やっとアナタと同じ場所に立てたわ」
朝飛び起きると、手には見覚えのない手鏡。 手鏡からは、鏡の精と名乗る謎の声が、運命の人を救えと囁く。
そして、展示会で出会った男たちとの再会。 彼らの近くに行けば、現実ではない狂気の世界【鏡界】へと誘われる。
境界の白雪
鏡界で彼らは、決まって私を白雪と呼び、現実とは違う狂気の顔をのぞかせた。
彼らに近づいて知る、“女王"という存在。
境界の白雪
「白雪を捕らえよ」 女王は私――白雪を捕まえようとしていた。
彼らの狂気。迫る女王。なぜ私が白雪と呼ばれ、狙われるのか――。
「今度はアナタが孤独を味わう番よ? さあ、逃げてごらん。 どこまでも追いかけて――必ずアナタを捕まえるわ」
『境界の白雪』




『ゲームの薬天堂』もよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村