rohisato’s diary

ゲーム&アニメネタを取り上げます

フランス革命を描いた野心作『薔薇に隠されしヴェリテ』が8月発売!!

幻想自作をよろしく!!


薔薇に隠されしヴェリテ
オーストリア皇女アントーニアに仕える召使い、リーゼ。
彼女は13歳から城で働き、城の外の世界を殆ど知る事なく育つ。 そんな彼女の運命を変えた日5月16日。
事件は心配されていた通りに起きてしまう。 引き渡しの儀で高熱を出しアントワネットは倒れてしまった。
そこで万が一の為にと女帝マリア・テレジアより預かった、 ハプスブルグ家に代々伝わる「身代わりの薬」を使う事に。
薔薇に隠されしヴェリテ
変わったのは外見だけで、 性格や考え方、声までは似せる事が出来ない「身代わりの薬」
アントワネットの回復を待つ間、 姿を変えたリーゼはヴェルサイユ宮殿での慣れない生活を開始した。
体調が回復したアントワネットがやっとヴェルサイユ宮殿にやって来ると
役目を終えたリーゼは帰りの馬車が出発するまでの間、パリで過ごす事に。
城以外での生活は経験がないため慣れない国、慣れない生活に戸惑いつつも 温かい人々との出会いが彼女を支えていた。
動乱のフランスを駆け抜けるリーゼは果たしてどんな結末を迎えるのだろうか?

薔薇に隠されしヴェリテ 限定版予約特典(ドラマCD) 付&【Amazon.co.jp限定】 PSVita&PC壁紙 メール配信



音声収録現場ではエキストラで『ギロチン!!』連呼するのに疲れました。

ギロチンのフラストレーションで書いた小説が こちらになります。

『ゲームの薬天堂』もよろしく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村